読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

返事がない ただのしかばねのようだ

死んでしまうとはなさけない!

東京現代美術館でやってる『ピクサー展』が期待を遥かに超えていた件

アート アニメ 雑記

f:id:zoomer:20160427140843j:plain

ども、おっさんです。

週末に東京現代美術館で開催中のピクサー展に行ってきました。結論を言うと大満足でした。おっさんが自信を持ってオススメします。

ピクサー展の概要については下記記事をご覧ください。

ピクサー展の内容や感想など

めっちゃ並ぶよ

ピクサー展はとにかくターゲット層が広い!

家族連れはもちろんの事、カップル、同性の友達同士も多く年齢層も広いので混雑してます。

土曜の12:00時点で入場まで30分〜40分待ち。15:00時点では40分〜50分待ちくらいでした。できれば開場と同時に入りたいですね。

f:id:zoomer:20160427140909j:plain

エントランスホールには等身大のサリーとマイクがいて一緒に写真が撮れます。展示会場では当然撮影禁止なので写真が撮れるのはここだけ。

展示内容と見どころ

展示内容はこんな感じ。

  1. イントロダクション
  2. 『トイ・ストーリー』3部作
  3. トイ・ストーリー ゾートロープ
  4. ピクサー映画が出来るまで
  5. ショートフィルム
  6. アートスケープ
  7. 長編映画のマスターピース

見どころはピクサーの名作の原画が大量に展示されている点。『トイ・ストーリー』から最新作の『アーロと少年』に至るまで貴重な資料が一堂に展示されています。

「トイ・ストーリー ゾートロープ」が感動的だったんだけどこれは見てのお楽しみ。

「アートスケープ」ではピクサーのアーティストたちが生み出した絵画やドローイングを大型スクリーンに投影する映像作品。臨場感あふれる音響宇土の相乗効果で、アニメーションの世界に入り込んで旅をしている感覚になれるインスタレーションです。こちらは15分ループで上映されています。

また、ショートフィルムは上映もしていますが、事前に見ておくとより楽しめると思います。DVDでも発売されてるので、もしかしたらレンタルもあるかも。

特設ショップ

ピクサー展で唯一期待はずれだったのが特設ショップ。ピクサー展オリジナルグッズはあまり惹かれるものがありませんでした。図録も買うつもりでしたが見本で中身を見てやめました。下でも書きますが、通路が狭く混みあうためゆっくり見ることが出来なかったのがちょっと残念。

子連れで行く時に注意したい事

混んでるのでできればベビーカーは避けた方がいいかなと思いました。1階のホールにベビーカー置き場があるのと、入り口で預かってくれます(確か)。

展示は余裕があるのでいいけど、ショップの通路が狭いのでベビーカーだと自由がきかないですね。

またピクサー展は1階と3階とに会場が別れてるので途中でエスカレーターに乗ります。ベビーカーの場合はスタッフに声をかけるとエレベーターを使わせてくれるので聞いてみてください。

あと混んでるので大人も子供もインフルエンザ感染には注意しましょうね。 

東京現代美術館の見どころ

せっかくなんでピクサー展以外でも東京現代美術館で良かったところを紹介します。

レストラン『content(コントン)』

地下1階に『content(コントン)』というカフェ&レストランがあります。ピクサー展を見終わったあとはここで休憩。

f:id:zoomer:20160427140929j:plain

レストランから見える風景はこんな感じ。地下だけど光が入る設計のため明るい店内です。

f:id:zoomer:20160427140958j:plain

ガトーショコラのバニラアイス添えはコーヒーとセットで1,070円。疲れた体を癒してくれます。

ちょっと高めのためか、そんなに混んでなかったです。店内もオシャレな内装ですが開放感があり子連れでも大丈夫でした。

常設展もオススメ

f:id:zoomer:20160427141019j:plain

東京現代美術館所蔵のコレクション約4,800点の中から100点が常設展として展示されています。こちらはピクサー展のチケットがあれば入れます。

ポスターにもあるロイ・リキテンシュタインから、モダンアートの代名詞でもあるアンディ・ウォーホルやデイヴィッド・ホックニーまた「紙の仕事」というテーマでは現在活躍している吉岡徳仁などの作品も展示されています。

展示も100点程なので30分あれば回ることができます。

美術図書館がステキ

地下1階には美術図書館があり、こちらはチケットを持っていなくても誰でも利用することが出来るようです。

利用案内・お知らせ|東京都現代美術館|MUSEUM OF CONTEMPORARY ART TOKYO

美術図書室は、東京都美術館美術図書室(1976-1995)の資料を引き継ぎ、継続して収集・保存し、主として、近現代の美術に関する図書資料を所蔵している専門図書室です。

資料は以下のページから検索できるので興味のある方は覗いてみてください。

所蔵資料|東京都現代美術館|MUSEUM OF CONTEMPORARY ART TOKYO 

さいごに

清澄白河はピクサー展ではじめて訪れましたが、駅から現代美術館までの道すがらだけでも昔ながらの店とオシャレな店が混在した魅力的な街でした。今回時間がなく散策は出来ませんでしたが、暖かくなったらまた行ってみたいです。

深川めし食べれなかったのが心残り。

おわり